鎌田幸二作 天目酒杯 新作入りました。

 鎌田さんの天目酒杯新作が入りました。11点

*以下全て、共箱入り、税込み です。

・油滴天目   :狭口 ¥32,400、広口 ¥32,400

・耀変油滴天目 :狭口 ¥43,200、広口 ¥43,200

・耀変油滴天目 :大盃 ¥48,600  ―  ―

・窯変翠青天目 : 々 ¥37,800  々 ¥37,800

・耀変紫光天目 : 々 ¥54,000、 々 ¥54,000

窯変() 天目: 々 ー      、 々 ¥32,400

・窯変翠光天目: 々 ¥43,200  ― ―

 

※ 嵳卻囘渓棔廖Щ膰のような色調ですが、油滴のような斑紋はありません。雰囲気のいい盃です。

 ◆嵜藐」:幻惑するような翠色をおびた輝きです。

´△脇辰妨宿覆鬚翰いただきたいと思います。


 お問い合わせは、ギヤラリーたちばな(クリック)まで

以上 お待ち申し上げております。 

 


澤 克典『織部 ぐい呑』

作家:澤克典=>作家紹介へ
作品:織部 ぐい吞
サイズ:径71mm 高48.5mm
価格:¥11,880(税込、共箱)
 
・この織部は男性的です。澤さんの独特の織部。

 

・雷紋と稲穂、見込みに蝸牛。高台には雨粒が描かれている。

 
 
 
お求め/お問合せは、ギヤラリーたちばなまで=「お問合せ」

以上


安永 頼山『唐津 片口』

■作家:安永頼山(やすながらいざん)=> 略歴へ
■作品:唐津 片口
■サイズ:長径99mm(口含む)/短径77.5mm 高103mm
■価格:¥19,440(共箱)

 
*筒形の胴部分。


 
*径はやや小さめで手に取りやすい


 

*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ

以上


若尾経『青磁ぐい呑』

■作家:若尾経(わかおけい)→作家紹介
■作品タイトル:青瓷 ぐい呑
■サイズ:径64mm、高56mm

■価格:御売約御礼
 
・青瓷 ぐい呑み。幻想的な青灰色の下地に深い赤が染められている。

 
・見込みが美しい
 
・七角の切立、静かな情熱を感じさせる青赤のコントラスト

*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ

以上


鈴木 都『黄瀬戸ぐい呑』

■作家:鈴木 都→作家紹介
■作品:黄瀬戸 ぐい吞
■サイズ:径63mm 高48mm
■価格:¥御売約済
 
*程のよい大きさ、節からの柔らかなクビレが指に馴染む。
 
*釉が厚くかかった見込みは青灰色に滲んでいる。
 

*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ
以上


鈴木 都 陶歴/Suzuki Syu

鈴木 都/すずき しゅう

 

陶歴
1984年 東京生まれ
1990年代 土を掘りはじめる
1997年 美濃古窯跡を訪ねる
2010年 瀬戸に居を移す
2011年 愛知県立窯業高等技術専門校修了
土岐津・高山にて制作を開始する
2015年 郷之木古窯の地へ移る


橋本大輔 『窯変天目盃』

 天目の難しさは、取り組んでいるものにしか解らないものかと思える。
日々取り組む中で時として新しい天目の耀きに触れることができる。

■作家:橋本大輔 => 略歴へ
■作品タイトル:窯変天目盃
■サイズ:径74.6mm、高44.5mm
■価格:¥ご売約御礼
 
 

鱗のような斑紋が見込みに向かって流れる
 

*作品のお問い合わせはこちらから:お問い合わせ
以上


中川 恭平『斑唐津 ぐい呑』

■作家:中川 恭平→作家紹介
■作品:斑唐津 ぐい吞
■サイズ:径59.2mm 高46.5mm
■価格:¥売約済
 
*やや小ぶりながら、柔らかな力強さを感じさせる。
 
*波しぶき、海を思わせる白と青。
 

*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ
以上


中川 恭平 陶歴/Nakagawa Kyouhei

中川 恭平 / なかがわ きょうへい

 

1983年 佐賀県唐津市にて中川自然坊の長男として生まれる

2004年 日本デザイナー学院九州校CGデザイン科修了

2009年 父 中川自然坊に師事

2011年 父から窯と工房を受け継ぎ、作陶を始める


篠原希 陶歴/Shinohara Nozomu

篠原 希 / しのはら のぞむ

 

・1972年(昭和47年) 大阪府生れ
・1991年 信楽 古谷製陶所に所属
      古谷信男氏に師事 作陶を始める
・1998年 信楽窯業技術試験場釉薬科修了
・1999年 信楽町黄瀬にて独立作陶
・2000年 神戸阪急美術画廊唐津・萩・信楽の宴展(兵庫)
・2003年 高槻松坂屋美術画廊個展(大阪)(’05、’07、’09、‘11)
・2004年 伊賀に新たに穴窯を築く
      池袋東武個展(東京)(’06〜’15)
・2006年 大丸心斎橋店現代陶芸サロン桃青個展(’08、’10、’12、’14)
・2007年 経済産業大臣指定伝統的工芸品信楽焼伝統工芸士に認定される
・2011年 新宿伊勢丹 DAN T"EA : Japanese Tea Ceremony for MEN / 男茶 : ダンディー
・2012年 「土に魂を宿す二人展 」酒井敦志之×篠原希 うつわや季器楽座個展(茨城水戸市)
・2013年 大丸京都店個展(’13、’15)
・2014年 モーニング「へうげもの」企画展に参加
 日本工芸展近畿支部展37,38,39回入選ほか、
 グループ展多数,展覧会入選など
 全国各地で多数個展開催



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:95 最後に更新した日:2018/01/20

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM