萩 金子信彦 略歴

 

萩焼の伝統に則った茶陶は無論のこと、現代の生活にマッチした花生け、香立、灯燭器の造形は、他に類を見ないものである。そうした器のいずれもが斬新であり、かつ力強い生命力に溢れているのは、それが自然の形、力、風情からひらめきを得るという金子さんの創作態度によるものである。

金子信彦 略歴:

1951     山口県生まれ、吉賀大眉氏に師事

1980      九州山口陶磁器展課佳作受賞 以後入選5

 現代工芸中国会展山口県議会議長賞受賞

1982 現代工芸中国会展会長賞受賞
日展入選

1986 山口県美術展覧会最優秀賞受賞

1989 陶芸ビエンナーレ89入選 以後入選3

1992 大分県院内町文化交流ホール陶壁制作

1993 朝日陶芸展93朝日陶芸秀作賞受賞

1995 萩市教育文化奨励賞受賞
 山口県芸術文化振興奨励賞受賞

1997 作陶30周年展

1998 36回朝日陶芸展 朝日陶芸秀作賞受賞

2000 38回朝日陶芸展 奨励賞受賞

    第3回益子陶芸展 グランプリ受賞

    萩焼四百年記念パリ展出品

2003    山口県文化功労賞 受賞

2004    42回朝日陶芸展 グランプリ受賞

2007    19回日本陶芸展 文部科学大臣賞 受賞

    作陶40周年展

2008    25回茶の湯の造形展 入選
27回西日本陶芸美術展 入選


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:44 最後に更新した日:2019/05/20

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM