兼田昌尚陶歴

 兼田 昌尚: 萩・天寵山窯 第八代窯元
 天寵山の登り窯は、萩の伝統的なもの。窯の終わりに煙突は無く、焚いて昇っていった煙りは、最後の窯室の窓からふうわりと抜けていく。その窯を見てなんだかとてもやわらかな印象をもったことを良く覚えている。 
 東京で彫塑を学んだ兼田さんは、刳貫という技法で魅力あふれる作品を生み出している。

1952 七代兼田三左衛門の長男として萩市に生まれる
1977 東京教育大学教育学部芸術学科彫塑専攻卒業
1979 筑波大学大学院芸術研究科美術(彫塑)専攻修了
     父三左衛門に就き作陶を始める
1985 日本工芸会正会員となる
1989 萩市教育文化奨励賞(杉道助賞)
1990 萩女子短期大学講師(〜2000年、陶芸コース)
1991 日本工芸会退会
1992 『陶−兼田昌尚』京都書院より刊行
1994 日本やきもの紀行「萩焼・伝統との格闘」NHK放映
1996 山口県芸術文化振興奨励賞
1998 やきもの探訪「土塊無心」NHK放映
■入賞・受賞:
1978 国画会展彫刻部 入選
1981 西日本陶芸美術展 山口県知事賞
     日本工芸会山口支部展 朝日新聞社賞('88年同賞)
     日本伝統工芸展 入選('82、'83、'85、'86、'89)
1983 西部工芸展 岩田屋伊勢丹賞
1984 九州山口陶磁展 毎日新聞社賞
1989 西日本陶芸美術展 宮崎県知事賞
1990    〃        通産大臣賞
 他 以上

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:44 最後に更新した日:2019/05/20

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM