塚本治彦:織部・志野/Oribe・Shino

塚本治彦 / つかもとはるひこ

深みある織部の緑に灰釉が変化をつける。
見込みには深い、深いグリーンが底知れぬ淵を思わせる。
焦げ色がなんとも好もしい。
伊賀織部のあらあらしさは繊細さを隠している。
.志野も黄瀬戸も・・。
すべてが独特の造形が施されて、他に類を見ない。
すべてが「塚本治彦の」とあたまに冠するべきものに仕上がっている。

略歴:
1959 岐阜県土岐市に生まれる
1977 野中春清氏に師事、志野焼の技法について薫陶を受ける
1978 愛知県立瀬戸窯業職業訓練校卒業
1980 岐阜県多治見市陶磁器意匠研究所卒業
1981 浅井礼次郎氏に師事
1985 土岐市に「北斗窯」築窯
受賞・入賞歴
・第34(1996)朝日陶芸展 グランプリ受賞
・陶芸ビエンナーレ 入賞
・現代茶陶展 銀賞
・美濃陶芸展 中日奨励賞
・美濃国際フェスティバル 入選
・淡交ビエンナーレ 特別賞
・日本伝統工芸展 入選
現在、日本工芸会正会員、美濃陶芸協会会員、一水会会員
以上

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:44 最後に更新した日:2019/05/20

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM