古川拓郎『釉裏白金彩盃』

 古川さんの釉裏白金彩は、器肌の上に白金の箔を貼って、それを引っ掻くことによって意図的でありながら、ランダムなパターンを生み出すところに特徴がある。
 淡い透明なブルーの下に白金が鈍く輝く。これで酒を酌むのは、たまらなく豪奢なことではないか。
 

■作家:古川拓郎(ふるかわたくろう)→作家紹介
■作品タイトル:釉裏白金彩盃
■サイズ:長径79mm・短径74mm、高:34mm
■価格:¥37,800(税込、共箱)
   
*釉の下にある白金が、静かな耀きを放つ。
  
*やや楕円に仕上げられた口、持ち具合がよい。
 
*艶のある釉薬は深い蒼色
 
*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ

 

以上


関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:47 最後に更新した日:2018/07/16

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM