丸田宗彦作 絵唐津 ぐい呑み1

 丸田さんの唐津は、伝統に則って伸びやかで衒いのない「絵」、柔らかな土味、焼きの妙味が相俟って、その上で現代の唐津としての個性が鈍色に渋く光っているというもの。

 これで酒を酌み交わすのは、冥利に尽きるというものではなかろうか。

■作家:丸田 宗彦(まるたむねひこ)→作家紹介
■作品:絵唐津 ぐい呑み1
■サイズ:径80mm 高40mm
■価格:御売約御礼

 
*盃形の胴に何やら鳥のかたちか、いや山の端にライン。その上に松らしい
*梅花皮も出ている
 
*見込みに三ツ星、その周りを梅花皮が囲む。
*高台内には兜金があって、指についた釉薬のせいか、梅花皮が。
・のびやかなぐい呑みで、今夜は、まったりとゆったりとやりたい。
 

*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ

 
以上

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:83 最後に更新した日:2017/08/14

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM