唐津 岸田匡啓/Karatsu kishida masahiro 略歴

岸田 匡啓 略歴

 

1983     静岡県富士市生まれ
2002〜2006  大学にて美術史を学ぶ
2007             唐津にて修行を開始
2009〜12       川上清美氏のもとで修業
2012             唐津市浜玉町鳥巣にて独立


安永頼山 山瀬 ぐい呑

■作家:安永頼山(やすながらいざん)=> 略歴へ
■作品:唐津 山瀬 酒呑
■サイズ:径57.5mm 高55mm
■価格:¥12,960(税込 共箱)

細かい山瀬の土にしっとりとした釉が流れる。見込みは深く、

手にすっぽり収まる大きさ。厚めで平な畳付の縁と内に縮れがある。

眺めるにつけ、表情豊かな酒呑だ。


 

 
 



*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ
以上


安永 頼山『唐津 山瀬 徳利』

■作家:安永頼山(やすながらいざん)=> 略歴へ
■作品:『唐津 山瀬 徳利』
■サイズ:径81弌々118.5
■価格:¥21,600(税込.共箱

薄褐色のグラデーションに象牙色の釉が流れ、粗目の山瀬の土肌と

轆轤目が、趣を加えている。

この手にしっくりくる大きさは、1合2勺。これなら毎晩でも大丈夫!?
 
 


 
 


 

*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ

以上


空女 『華薩摩:山水図 盃』

■作家:小野空女(おのくうにょ)→作家紹介
■作品タイトル:華薩摩 山水図 平盃
■サイズ:径78mm 、高29mm
■価格:¥97,200(共箱・税込)


 

見込みには波音がきこえそうな情景が描かれ、夕刻であろうか

山際はほんのり赤く、空はきらきらと輝いている。

山水のまわりは華やかな小紋で彩られ、見ていて飽きることはない。 

 

 

 
・裏は、マット調の黒地に金とプラチナで繊細な紋様が描かれている。

落ち着いた色調のなのに、じつに艶やかだ。
*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ

以上


塚本治彦作 朝鮮唐津 ぐい呑み

■作家:塚本治彦(つかもとはるひこ)→作家紹介
■作品タイトル:朝鮮唐津 ぐい呑み
■サイズ:径60mm 高60mm
■価格:¥23,760(共箱)
 
・これは、まさしく現代の、そして「塚本」朝鮮唐津です。
 
・寝かせて焼かれることで流れた釉薬が、畝のような造形と見事にかみ合っています。
 
・見込みの轆轤目、土見せで鉄分の多い赤土がよく分かる

お問い合わせ、ご注文は、ギヤラリーたちばなまで
以上


唐津/高麗 内村慎太郎作 『斗々屋 盃』

■作家:内村慎太郎 略歴へ
■作品:斗々屋 盃
■サイズ:径79mm 高33mm
■価格:¥16,200(税込・共箱)

枇杷色がかった薄褐色の肌にごく薄く釉がかかり、こげが風情のある

景色になっている。程よい艶があり、やや薄作りの口縁が当たりの良さを

感じさせる。心地よく手に収まり、酒が美味くかんじられそうな姿だ。

 


 

 

 


※ご購入、お問い合わせは、ぎやらりーたちばな まで
以上


川上清美作 黄唐津 ぐい呑


■作家:川上清美(かわかみ きよみ)→作家紹介
■作品: 黄唐津 ぐい呑み 
■サイズ:径71mm 高58mm
■価格:¥37,800(税込・共箱)
 
大胆な形と肌合いは、粗目の土を刳り貫き、削ることで生まれる。

黄褐色の肌に、うっすらと抹茶色が見て取れ、石はぜや、ぼこぼこ

した土肌に、より深い変化をもたらす。眺めていて飽きない。

 

 

 

*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ

以上


唐津 川上清美 黒唐津ぐい呑

■作家:川上清美(かわかみ きよみ)→作家紹介
■作品: 黒唐津 ぐい呑み 
■サイズ:径72,5mm 高48mm
■価格:¥32,400 (共箱)
 
程よい大きさ厚み、胴のほんの少しのくびれが手にそって、酒が

美味くなる形。黒、こげ茶、黄土色・・・。様々な色を感じさせる

黒唐津。さすが川上清美の黒。

 


 


 

 

*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ
 
以上

鎌田幸二

鎌田幸二 / かまだこうじ

開いた口に、小さく締まった高台。
天目は、気品ある美しさが第一である。
その点、鎌田さんの天目は申し分がない。
伝統的な油滴、耀変油滴、河南などでもその美しさは、鎌田さん独自のものだ。
いわんや40年を超える作陶活動の中で、工夫をして生み出してきた新たな天目釉の美しさは、言葉に尽くしがたい。
それぞれの小宇宙があり、私たちはたなごころに酒杯をおいて、その輝きを愛で、また一献を尽くす。
時はゆったりと流れ、酒の愉しさ、ここに極まる。


古川拓郎『釉裏白金彩盃』

 古川さんの釉裏白金彩は、器肌の上に白金の箔を貼って、それを引っ掻くことによって意図的でありながら、ランダムなパターンを生み出すところに特徴がある。
 淡い透明なブルーの下に白金が鈍く輝く。これで酒を酌むのは、たまらなく豪奢なことではないか。
 

■作家:古川拓郎(ふるかわたくろう)→作家紹介
■作品タイトル:釉裏白金彩盃
■サイズ:長径79mm・短径74mm、高:34mm
■価格:¥37,800(税込、共箱)
   
*釉の下にある白金が、静かな耀きを放つ。
  
*やや楕円に仕上げられた口、持ち具合がよい。
 
*艶のある釉薬は深い蒼色
 
*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ

 

以上



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:50 最後に更新した日:2019/03/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM