空女作 黒龍図盃


■作家:小野空女(おのくうにょ)→作家紹介
■作品タイトル:黒龍図盃
■サイズ:径80、高27mm
■価格:ご売約御礼



・マット調の黒地に黒の盛り上げで龍を描く。クールです。

・金の雷電が奔る。プラチナの雲が激しく渦巻く。

 
・高台も黒ベースに紋様。 龍をぐっと寄ってご覧ください。
 
・酒を注ぐと雷電が光を発するようにキラリと、、。
 
*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ
以上
 


澤克典作 赤織部 ぐい呑み

作家:澤克典=>作家紹介へ
作品:赤織部 ぐい呑み
サイズ:径6.4、高5.5cm
価格:¥10,800(共箱)
 
・吊るし柿の文、その裏は、唐草。
 
・内に梅鉢文が見えています。
 
・見込みには、蕨か、草花文

お求め/お問合せは、ギヤラリーたちばなまで=「お問合せ」

 

以上


若尾経作 青瓷 ぐい呑み

■作家:若尾経(わかおけい)→作家紹介
■作品タイトル:青瓷 ぐい呑み
■サイズ:径5.8cm、高5.8cm
■価格:ご売約御礼
 
・青瓷 ぐい呑み。幻想的な青灰色。貫入が奔る

 
・見込みが美しい
 
・七角の切立

*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ

以上


2017年冬季休業のお知らせ

たちばなは、以下を、2017年冬季休業のお知らせ

勝手ながら、お休みを頂戴いたします。

 よろしくお願いいたします。

 ・2月15日(水)〜 22日(水)

 

以上


安永頼山作 唐津 山瀬斑 片口

■作家:安永頼山(やすながらいざん)=> 略歴へ
■作品:唐津 山瀬斑 片口
■サイズ:長径118mm(口含む)/短径83mm 高95mm
■価格:¥19,440(共箱)

 
*樽形のような胴部分。美しい釉調。
*山瀬土で還元のせいか、白濁した部分の下は、生地が

 薄く透けて見える。薄緑色を呈して、美しい。


 
*径はやや小さめで、上からでも横からでも手に取りやすい。


 
*旨酒が一合強入って八分目くらい。
*高台内の縮緬皺が見事です。

*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ

以上


空女作 京赤絵 平盃

■作家:小野空女(おのくうにょ)→作家紹介
■作品タイトル:京赤絵 平盃
■サイズ:径77mm、高28mm
■価格:ご売約済 
 
・渋い色調の赤絵盃
・七宝繋ぎ、麻の葉、瓔珞、紗綾形などがびっしり。
・その上に処々金で描かれているのが上品。
・見込み中央に金で菊。
 
・周囲中央にも細かな文様
・腰から高台にかけて赤地の上に金で網目文様
・高台内に「空女」の金サイン


*お問い合わせはこちらから:お問い合わせ
以上

古川拓郎作 釉裏白金彩酒杯

 古川さんの釉裏白金彩は、器肌の上に白金の箔を貼って、それを引っ掻くことによって意図的でありながら、ランダムなパターンを生み出すところに特徴がある。
 淡い透明なブルーの下に白金が鈍く輝く。これで酒を酌むのは、たまらなく豪奢なことではないか。

■作家:古川拓郎(ふるかわたくろう)→作家紹介
■作品タイトル:釉裏白金彩馬上杯
■サイズ:径75mm、高:45mm
■価格:ご売約御礼
 
*釉の下にある白金が、静かな耀きを放つ。
 
*きりっと薄く仕上げられた縁は、飲み口の良さを感じさせる。
 
*馬上杯の高脚が可愛く見える。
 
*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ

 

■作家:古川拓郎(ふるかわたくろう)→作家紹介
■作品タイトル:釉裏白金彩 楕円杯
■サイズ:長径78mm・短径70mm、高:35mm
■価格:ご売約御礼
  
*縁から斜めに奔る銀色が印象的。
  
*やや楕円に仕上げられた口、持ち具合がよさそうだ。
 
*艶のある釉薬は深い蒼色
 
*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ

 

■作家:古川拓郎(ふるかわたくろう)→作家紹介
■作品タイトル:釉裏白金彩 ぐい呑み
■サイズ:径76mm、高:48mm
■価格:ご売約済
  
*縦のラインが美しい。
  
*深い蒼と銀(白金)のコントラスト
 
*小さな高台内にあるサイン
 
*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ

以上


唐津 岡本作礼作 黒唐津耳杯

暖かな,やわらかい表情の黒。

細かな灰が黒釉の上に降りかかって、黄味をおびた色調になっている。

窯の置く場所によってこうした変化が起きる。薪窯ならではの出来。

■作家:岡本作礼(おかもとさくれい)==> 作家紹介
■作品:唐津 黒高麗徳利
■サイズ:幅12.0cm、奥行8cm、 高4.8cm
■価格:¥17,280(共箱)
 
*この耳は何であろう。羊?魚?はて??!
*この耳があることによって、いろいろな持ち方を楽しめそうだ。
 
*見込みに小さな溜り(窪み)。
*高台は明るい土色を呈して、その内に縮緬皺。
 
*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ
以上
 


鎌田幸二作!銀漿天目 盞(大杯)

氷の耀きを持つ銀漿「大杯」で呑む!
鎌田さんは、大杯に「盞」の字を使う。意は、さかずき(盃)に同じ
 

■作家:鎌田幸二(かまだこうじ)→作家紹介
■作品タイトル:窯変 銀漿天目盞(大杯)
■サイズ:約 径105mm、高45mm
■価格:ご売約済
 
*径が105mmという大きさ。
 
*冷たく冴えた氷の耀きの中に酒が満たされる      
 
*どのように持って口へ運ぼうか!?

*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ
以上


唐津 岡本作礼作 堅手 ぐい呑み(平盃)

■作家:岡本作礼(おかもとさくれい)==> 作家紹介
■作品:唐津 堅手 ぐい呑み
■サイズ:径8.4cm 高3.1cm
■価格:ご売約御礼
 
*細かな貫入が入っている
*灰白色にほの紅い色彩がかかって、温かみを感じる。
*高台にホツホツと鉄の黒が見える
 
*縁から垂れた釉がうっすら見える
 
*見込み中央に轆轤目、外側も三段ほど轆轤目
*高台内にも釉が掛けられて、堅手の掟通り
  
*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ
以上



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:83 最後に更新した日:2017/08/14

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM