丸田宗彦作 朝鮮唐津 ひさご徳利

 

■作家:丸田 宗彦(まるたむねひこ)→作家紹介
■作品タイトル:朝鮮唐津 ひさご徳利
■サイズ:径9(最大) X  高13.3cm
■価格:¥43,200(税込、共箱)
 
*少し首を傾げている。どこか可愛い風情
*白い帽子を被っているようだ。
 
*酒を注ぐときにどんな音を奏でてくれるのか

*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ


唐津/岡本 作礼:朝鮮唐津 ぐい呑み



■作家:岡本作礼(おかもとさくれい)==> 作家紹介
■作品:朝鮮唐津 ぐい呑み(1)
■サイズ:径60mm 高62mm
■価格:¥17,280(共箱)
 
スキッと切立った姿。縁が広がって、呑みやすく持ちやすい。

白の釉垂れの先が細く細く分かれて、ほのかに青みを帯びている。

薄く掛かった釉から、土肌ほんのり透けて見え、鉄釉の溜まりとで

味わいのある景色になっている。
 
*さっくりとした風合いの土肌に、おおらかな轆轤目
 
見込みに文様のようにくっきりした轆轤目。
満月のような低めの高台、内と脇には細かい縮緬皺。

高台脇はラスター状にきらきら輝き、ワクワクさせてくれる。



*ご購入、お問い合わせはこちら→たちばなwebsite「お問い合わせ

 

 

 


 


唐津・高麗:内村慎太郎 徳利

■徳利:斑唐津 徳利
■サイズ:径9cm 高12.5cm
■価格:¥19,440(共箱)
 
・藁灰の釉薬、乳白の合間に流れるブルー美しい。
底の貝の目痕とも相まって、渓流を想わせる。1合半程のほどよい
大きさ。深めの轆轤目に指が気持ちよく沿って、ついつい盃を重ねて
しまいそうだ。
 

 


※ご購入、お問い合わせは、ギヤラリーたちばな まで

以上

塚本治彦:織部・志野/Oribe・Shino

塚本治彦 / つかもとはるひこ

深みある織部の緑に灰釉が変化をつける。
見込みには深い、深いグリーンが底知れぬ淵を思わせる。
焦げ色がなんとも好もしい。
伊賀織部のあらあらしさは繊細さを隠している。
.志野も黄瀬戸も・・。
すべてが独特の造形が施されて、他に類を見ない。
すべてが「塚本治彦の」とあたまに冠するべきものに仕上がっている。

略歴:
1959 岐阜県土岐市に生まれる
1977 野中春清氏に師事、志野焼の技法について薫陶を受ける
1978 愛知県立瀬戸窯業職業訓練校卒業
1980 岐阜県多治見市陶磁器意匠研究所卒業
1981 浅井礼次郎氏に師事
1985 土岐市に「北斗窯」築窯
受賞・入賞歴
・第34(1996)朝日陶芸展 グランプリ受賞
・陶芸ビエンナーレ 入賞
・現代茶陶展 銀賞
・美濃陶芸展 中日奨励賞
・美濃国際フェスティバル 入選
・淡交ビエンナーレ 特別賞
・日本伝統工芸展 入選
現在、日本工芸会正会員、美濃陶芸協会会員、一水会会員
以上

若尾 経:Wakao Kei(Celadon etc.)

 美濃にあって、青瓷、米色瓷に取り組み、
写真を専攻したことによる独自の眼が、なせるのか造形力も素晴らしい。
 象牙瓷の色合い、肌合いには色気さえ感じる。
 創作の意欲はとどまらず、今後益々期待される


1967 若尾利貞の長男として岐阜県多治見市に生まれる
1993 日本大学芸術学部写真学科卒業
1995 多治見陶磁器意匠研究所修了
1997 「日本陶芸展」入選、「朝日陶芸展」秀作賞受賞
1998 「国際陶磁器展 美濃」銅賞受賞
         金沢わん・One大賞 招待出品
2008 オーストラリア ハミルトン美術館収蔵
2010 
パラミタ陶芸大賞展大賞(パラミタミュージアム)
2011 東京国立近代美術館工芸館 「現代工芸への視点」
    ― 茶事をめぐって ―

以上


 

唐津 安永 頼山/Karatsu Yasunaga Raizan 略歴

2013年に師である田中佐次郎氏の薦めもあって、号を「頼山」とした安永さん。その所為もあってか、その作品には、近頃、男の色気というか、いい魅力が備わってきたように思える。  

1970 島根県益田市に生まれる
2001 田中佐次郎氏に二年間師事する
2003 藤ノ木土平氏に三年間師事する
2008 登り窯築窯
2013 「頼山」を号とする
現在唐津市在住

石山哲也 陶歴/Ishiyama Tetsuya

  石山さんは、陶による「時間」の表現を追求しているといえるだろう。出来上がった作品の今の表情、百年、二百年後の表情を想像しながら創造しているようだ。
 その金銀彩は、時間の変化を、象嵌の技法は、時間の積層を表しているのか。


石山哲也 略歴:

1973 埼玉県生まれ
2001 抹茶茶碗コンテストグランプリ
2002 滋賀県立陶芸の森スタジオアーティストユーモア陶彫展銀賞

2003 BONSAIの器展優秀賞
2006  朝日陶芸展奨励賞2008 朝日陶芸展秀作賞、平和堂財団芸術奨励賞、
    日本伝統工芸展入選

2009  
世界陶磁ビエンナーレ(韓国)、日本陶芸展、日本伝統工芸展入選
2010  日本伝統工芸近畿展 奨励賞
第21回秀明文化基金賞
    伝統工芸近畿展新人奨励賞
2011 京畿道ビエンナーレ・ワークショップに参加
   (陶磁ビエンナーレ 入選)         
    招待作家として台南藝術大学にて制作(〜‘12)
2012 個展:新北市立鶯歌陶磁博物館(台湾)
    招待作家としてPWSにて制作(〜‘13. 中国・景徳鎮)
    日本工芸会正会員となる
2013 招待作家としてUttarayan Art Center にて制作(インド)
    滋賀県文化芸術奨励賞
2014 杭州国際陶磁ビエンナーレ(中国)出展
    アートフェア台北(台湾)出展               
    ジャカルタビエンナーレ(インドネシア)出展

    パラミタ大賞展出展
甲賀市信楽町にて作陶
以上
     
    

唐津/岡本作礼 略歴:Karatsu/Okamoto Sakurei

唐津市の南側、厳木町(きゅうらぎ)、作礼山に窯を構える岡本作礼さん。
あたたかな風合いは、その人柄を表しているように思えます。

作礼さん曰く:
 土と語らい
  炎の声に耳を傾け
 流れゆく作礼山の
  自然の中で
   作陶に励んでおります。
 忙しい日々の暮らしの中 
  心になにか感じていただければ
  幸いです。


1958 唐津に生まれる
1978 唐津焼窯元にて修行
1989 現在地に窯を築く。以後、個展中心に活動

以上

萩 兼田昌尚作 ぐい呑み

■作家:兼田 昌尚
■作品:萩 刳貫 ぐい呑み〕卻
■サイズ:径 7.0cm   高6.5cm
■価格:¥32,400(共箱)
*紫の窯変が顕著に浮かんでいる。
*手に馴染む造形


 

 
 
          
 

山下有仁/Bizen 陶歴

 備前焼の中心である「伊部」で生まれ、父が山下譲治氏、人間国宝、伊勢崎淳氏が伯父とは、備前焼作家として恵まれているといえるだろう。そして既にその作は、そのことに恥じないものになっている。
 これからますます期待できる新鋭である。

1978 伊部で生まれる。
1997 父山下譲治のもとで作陶生活に入る
2004 第47回日本伝統工芸中国支部展入選
      以後、’08、’09、’10、’11入選
2007 第24回田部美術館大賞「茶の湯の造形」展入選
      以降’08、’10、’11入選
2008 日本伝統工芸展入選
2011 日本伝統工芸展入選、 岡山県展奨励賞
2012 日本伝統工芸展入選

以上


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:50 最後に更新した日:2019/03/10

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM